カーサのヒーリングスピリット

<ジョン オブ ゴッドを通して働く、ヒーリングスピリットとは誰(何)ですか?>

ジョンを通して働く47のヒーリングスピリット達が存在します。カーサには47のスピリットの他にも、何百というヒーリングスピリットが、ジョンと一緒に人々を癒しています。その中で、47のヒーリングスピリットがジョンを媒体として借りれるようです。

一度にジョンの体に入るスピリットは一体です。彼らは、ジョンの体を借りて人々を癒します。ジョンの体に入るとその名前を名乗るヒーリングスピリットも存在しますし、名乗らないヒーリングスピリットもいます。 スピリットがジョンの体に入ると、ジョンに現れるの独特の仕草や口調、音声のトーンでどのヒーリングスピリットかが認識されます。

ジョンの体にヒーリングスピリットが入ると、奇跡的な治癒が発動してきました。。これまでに、AIDSや西洋医学では手の施しようのないと診断された癌や腫瘍、盲目、対麻痺など解決の糸口が見つかっていない難病を始め、数多くの癒しの記録を残しています。


ヒーリング後に、要らなくなった車椅子や杖が積まれています。

しばしば、ヒーリングスピリットが入ったジョンが眼鏡を取る(ジョンは普段眼鏡をしています)と、彼の目の色が変わっているのを科学者達が記録しています。その目の色が、ヒーリングスピリットが過去、人として地球に存在していた目の色と同じであることが分かっています。主なヒーリングスピリットを紹介しましょう。

ドン イナーシオ デ ロヨラ(1491-1556)−Dom Innacio de Loyola1491-1556 - St. Ignatius of Loyola
ドン イナーシオ デ ロヨラはカーサ(カーサ デ ドン イナーシオ)の名前にも名付けられて、頻繁に現れますが、彼はたくさんの奇跡を起こしています。彼は多くの時間を、かぎりない思いやりと優しさ、そして忍耐を持って訪れた人々を癒しています。

アウグスト博士−St. Ignatius of Loyola Dr Augusto de Almeida
アウグスト博士も頻繁に出現するヒーリングスピリットの一人です。彼は過去のインカネーションで、かつて軍隊にいたり、樹液を採取する人であったり、また医者だったことが記録されています。彼は強烈な個性と彼のやや権威ある風格で知られていますが、非常に親切なので、すべての人達に深く愛されています。 「私の手は十本でも、百本でもなく何千というヒーリングスピリットでできている。私は、魂を救う深遠なる深きをもった者である」というのは彼の言葉です。

クルーズ博士−Dr Oswaldo Cruz (1872 - 1917) Medical doctor
クルーズ博士は, メディシーナ エクスペリメンタル ブラジレイラ(Medicina Experimental Brasileira)という施設の創設者でした。この施設は、ブラジルでの黄熱の流行をなくすために設立されました。彼は、率直ですばずば物事を言いますが、特に優しく、情熱的です。彼はとても美しい目をしていて、限りない愛をその目から注ぎます。とてもよく動く方ですが、彼はよく腕時計が彼のヒーリングを妨げるから取るように、と人々に言います。

一例を挙げましたが、音楽を大きくするように、と要求するスピリットなど、彼に降りて働くヒーリングスピリット達にはとても個性があります。

ページトップへ↑

photo borrowed by http://www.friendsofthecasa.info/

 

photos borrowed by a pousada next to the casa
*写真のコピー・転用は固くお断りしております。

テンプレートのpondt